いわゆるアンテナも、屋外用と屋内用があります。ほとんどの方が安定した受信をするために、屋外用のアンテナを設置しています。いわゆるアパートやマンションなどの集合住宅であれば、もし工事が必要な物件であれば管理会社などが行ってくれたかもしれませんが、個人宅などは自分で行わなければならなかったかもしれません。

といっても、自分自身でアンテナの工事を行うことは、基本的におススメできません。信頼できる、そして規模が大きく、実績も高い業者に依頼することが良い、と言えるのは、当然のことです。その工事が完了すれば終わり、という訳ではなく、当然ながら工事には費用が必要となります。この費用も、業者ごとによって異なりますので、そこも比較考慮が必要となりました。

外部サイト|テレビアンテナ工事、地デジ・BSアンテナ設置は棟梁ドットコム
現地調査をした上で確定見積もりをしているアンテナ工事業者のサイトです。

単にテレビの規格が変わっただけで、このような過程が必要となったのです。勿論現在は、ほぼすべての方がこれに対応されているかと思います。実際に、今では(当然ですが)デジタル放送に対応していないテレビは販売されていません。モニターは別です。今テレビを見ていなくて、そして今後テレビの環境を整えたい、という方は、おさらいですが、アンテナ工事と、テレビの買い替えなどが必要になる場合があります。

大きな進化、というからにはやはり革新的な進歩をしてほしいものですが、テレビに関しては従来の方法と、あまり変わっていない、と言えます。所謂中身の部分、コンテンツそのものの質は変わっていないからです。

その話は少し置いておき、やはり新しい進化を遂げるためには、それを利用する私達にも求められることがありました。それが、私達の環境において、地上デジタル放送を見られるようにする、ということです。地上デジタル放送は、いわゆるアナログな放送とは、異なった周波数で送受信されるものです。ですから、それに対応した機器が必要となるのです。といっても、テレビで何度も流されましたから分かっている方がほとんどかと思いますが、今でもテレビを見ていない、という方がこれから見るためには、説明が必要かもしれません。

いわゆるデジタル放送には、それを受信することのできるアンテナ、そして、その受信した放送波に対応して番組を写すことのできるテレビ、または、従来のテレビ用に放送波を変換することができるチューナー、それらが必要となるのです。逆にこれらどれかが欠けても、地デジは見られません。ちなみに、アンテナを変えるには工事が必要な場合があります。